×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中国深セン土砂崩れは深センでも田舎の方で起こった出来事。はっきり言って心配無用

HOME > 中国深セン土砂崩れは深センでも田舎の方で起こった出来事。はっきり言って心配無用です。

中国深セン土砂崩れは深センでも田舎の方で起こった出来事。はっきり言って心配無用です。

中国深セン土砂崩れは深センでも田舎の方で起こった出来事。はっきり言って心配無用。


深セン土砂崩れによるビル崩壊写真集より

中国国営新華社通信によると、20日午前11時40分(日本時間午後0時40分)ごろ、中国広東省深圳市の工業団地内で大規模な土砂崩れが発生し、付近の工場や民家など22棟が倒壊したり、埋まったりした。多くの人が生き埋めになった模様だ。地元当局は同日夜、59人が行方不明と発表した。助け出された人のうち、3人が骨折などの重傷を負った。

土砂崩れは、同市北西部の光明新区にある「恒泰裕工業園」内で起き、周辺の二つの工業団地にも広がった。同通信によると、土砂崩れの範囲は十数万平方メートルに及び、4階の高さまで埋まった場所もあるという。習近平(シーチンピン)国家主席は全力で救出にあたるよう指示。夜になっても土砂の中の数カ所で生命反応があり、消防や警察が1500人態勢で作業にあたっている。

原因は不明だが、地元メディアは、現場には長期間、大量の土砂が高く積み上げられ、水を吸ってゆるんでいたと伝えた。これが何らかの原因で崩れた可能性がある。土砂崩れの影響で付近のガス管が爆発したとの情報もある。現場ではこの日、小雨が降ったものの、最近大雨はなかった。何らかの法規違反の疑いも指摘されており、今後、当局の管理態勢が問われる可能性もありそうだ。

周辺住民らの話では、土砂が広がった場所には多くの人が住んでいたという。

中国有数の工業地域として知られる深圳市には、携帯電話やプリンターなど電機・電子製品関連の工場が集中しており、日系企業も約500社が進出しているとされる。広州日本総領事館によると、日系企業や日本人が巻き込まれたとの情報はない。しかもこれは深センの田舎で起こった事なのでたいした深セン市内に住む住民には何の問題もない。



※世界放浪異端児トシカズが中国深センを旅行している間「YouTubeマーケティング手法」で一気に70万円儲けた話しを今だけ無料レポートにまとめてプレゼントしています。今現在ではこのYouTubeマーケティングで月収50万円ー100万円を維持し続けておりノマドで世界放浪を続けています。

 

PAGE TOP