×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サンシャインホテルsunshine hotel shenzhenこそ最もコスパの高い5つ星だった

HOME > サンシャインホテルsunshine hotel shenzhenこそ最もコスパの高い5つ星だった

サンシャインホテルsunshine hotel shenzhenこそ最もコスパの高い5つ星だった

サンシャインホテルsunshine hotel shenzhenこそ

最もコスパの高い5つ星だった?!

         ↓↓↓   
 

ここは、罗湖の中で最もコスパが高い5つ星ホテルだと断言出来る。なのでいつも深センホテルベストランキングで5位以内にランクインするのだ。駅から少しだけ離れている為私も最初このホテルの存在に気づかなかったのだが実はかなりの穴場ホテルだった。

※世界放浪異端児トシカズが中国深センを旅行している間「YouTubeマーケティング手法」で一気に70万円儲けた話しを今だけ無料レポートにまとめてプレゼントしています。今現在ではこのYouTubeマーケティングで月収50万円ー100万円を維持し続けておりノマドで世界放浪を続けています。




 
 
サンシャインホテル深センへのアクセス

深セン地下鉄の国贸駅がKING GLORY PLAZA/金光华广场というブランド型巨大デパートと直結しているのでそのデパートから出て徒歩5分程でサンシャンホテルまで来れる。分からなければとりあえず巨大デパートの中のインフォメーションカウンターでサンシャインホテルはどこか?と英語できいてみるといい。ちなみに英語が通じないなら頑張って中国語で「阳光酒店在那里?yanguan jiudian zai nali?」ときいてみてください。デパートのどの方向から出れば良いか分かります。






 
 
サンシャインホテル深センロビーの180°パノラマ

このサンシャインホテルについてまず多くの方に分かって欲しいのがこのホテルのロビーの広さだ。罗湖区ホテルの中で最も大きなスペースを有したロビー空間となっている。さすが5つ星のロビーだと思えるのがこのサンシャインホテルの特徴。シャングリラもなかなかのものだがロビーに関して言えば私はこっちの方が好きだ。この空間にはシャンデリアが飾られており優雅なロビーとカフェ、それにゆったりと座れるソファーが点在しているのでホテルのロビーを待ち合わせ場所やビジネスミーティングとして利用出来る最も最適な場所だと言える。




 

ホテルの部屋も広くてクラシックなので居心地が良い。普通ホテルに宿泊する際はそんなに部屋に長居しないものだがこの部屋は快適で居心地が良いので仕事効率が上がる。仕事にもってこいの部屋はあまりない中このホテルの部屋は本当に格別だ。ビジネスマンや仕事に集中したい方や読書にふけりたい方などにおすすめしたいホテルです。



私の超お気に入りの深セン・サンシャインホテル/陽光酒店です。

         ↓↓↓   



深セン罗湖区では1番広いロビー。深センシャングリラよりも広くて居心地がいい。ロビーにはソファーが置いてありそこに腰かけるのも気持ちいいしロビーにはカフェがあってそこも居心地の良いソファーがあるので何時間でも腰掛けていられる。











私は、カフェのソファーが居心地良いとそこで何時間でもゆっくりしていられる。基本パソコンや読書や携帯などイジっているがクラシックの音楽をずっときいている時もある。多くの人がホテルロビーやカフェなどの使い方を知らないのでもったいないと思う。














私は街中のカフェ店で人が多い時はすぐ近辺のホテルに入ってるカフェやカフェバーの中に入ってゆっくりする。私は世界中の都市にあるホテルにどういうカフェやカフェバーが入ってるかだいたい分かっている。しかも好きなカフェはリピートして行くので忘れる事はない。この深セン・サンシャインホテルのロビーカフェもそのうちの1つだ。













そう。。。ここがそのロビーカフェwww コーヒー1杯でサービスチャージを入れて68元かかる。一見高いように見えるがコスパを考えると割りに合う。なぜなら週末意外ほとんどロビーカフェに人が居ないからたった一杯のコーヒーで何時間でも一人で超リラックスしていられるのだ。















5つ星ホテルのロビーカフェで日中ゆっくりしているのは自分ぐらいのものだけどこれこそ私が自由過ぎるゆえに味わえる最高の贅沢と言える。普通わたしの年齢になると仕事で忙しかったり、家族の事柄で忙しかったりとみんななんだかんだ言って生活に追われている。私はふと思う。。。「なぜみんなそんなに忙しいの?」とwww 日本人はもっとゆっくりする事を学ぶべきだと私は本気で思う。














平日にゆっくりする思考がないと真っ昼間から5つ星のホテルロビーカフェで何時間もリラックスする事など出来ない。そう。。。私には意識がある。「狙っている」のだww 私の行動の1つ1つに意識があるし、交わる相手に対しても意識がある。














私の中に「深く考えて行動する」というマインドセットがある。このマインドセットは今でも私の人生をコントロールする力を発揮してくれている。私が起こすアクションによってどういう結果をもたらすのか。もちろんどういう結果になるか予期出来ないときもあるがだいたいは私の想定範囲内で物事が動く。それはそういうふうに自分を訓練してきたからだ。












私が世界中の都市に自分の好きな庭園を築き、そこで憩いの時を持つ事が出来ているのも私があえて仕掛けた結果起こっている事なのだ。中国深センをあまく見ている日本人は多いがそれも考えようによって利用価値が高くなるのだ。













どんなにみすぼらしいものでも磨けば輝く原石の場合だってある。わたしはそういう原石を掘り起こし続けた。こういう作業は今でも当たり前の様にやっている。中国国民は文化的に本当にレベルが低い。それはこの国の「教育」に問題があるからだ。中国が「金銭主義」というのは本当だ。














中国政府が中国社会のシステムを「お金があったらどうにでもなる」という構造を作り出してしまったからだ。汚してはならない3大聖域である「医療、教育、宗教」を根本的に「金銭主義」に陥れさせてしまった。この根本は間違いなく中国政府にある。だからもともと中国幹部たちがあまりにも自己中の為にこういう構造になってしまっているのだ。中国政府自体が解散しない限りこの中国の社会システムは時代を超えてこれからもリピートする事になる。













断言しよう。多くの中国国民は「自己中心主義」に陥っている。それはそうだ。。中国政府と中国社会構造があまりにも自己中だからそうならざるを得ない。多くの中国人が基本自分の都合しか考えてない。みんながみんなそうだから逆に「良い人」になると周りからただ利用されまくってしまうという悲しい結末が待っているwww だからもしあなたがこの中国社会でうまくやっていきたいのなら「良い人」ではなく相手を旨く利用するような「ずる賢い人」になるしかない。












中国深センも本当にこの5年でめまぐるしい変化を遂げた。巨大デパートにはブランドが入りまくり、高層ビル群やホテルはあっという間に建設された。深セン住民も文化レベルがだいぶ上がった。中国深セン住民の文化レベルは昔と比べてだいぶ上がったと私は思うが私たち外国人の視点から見るとはっきり言ってまだまだ低い。











中国深センが外見ではこんなに立派になっても文化レベルが追いついていってないのが現状だ。国民性はそう簡単に変わるものではないし社会構造もそう簡単には変わらない。このような非人間的自己中心的な社会システムをまず最初に理解するのが優先事項であり理解した後にどう対処するかを自分なりに考える事が重要なのだ。




更に詳しいサンシャインホテルの詳細情報へ


※世界放浪異端児トシカズが中国深センを旅行している間「YouTubeマーケティング手法」で一気に70万円儲けた話しを今だけ無料レポートにまとめてプレゼントしています。今現在ではこのYouTubeマーケティングで月収50万円ー100万円を維持し続けておりノマドで世界放浪を続けています。





他の深センホテルを全て確認しに行く

PAGE TOP