×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

深セン航空ならANAを使えばマイレージが結構貯まる!!

HOME > 深セン航空ならANAを使えばマイレージが結構貯まる!!

深セン航空ならANAを使えばマイレージが結構貯まる!!

深セン航空ならANAを使えばマイレージが結構貯まる!!



深セン航空ANAを使った場合の「運賃別積算率」は下記に表示します。

※世界放浪異端児トシカズが中国深センを旅行している間「YouTubeマーケティング手法」で一気に70万円儲けた話しを今だけ無料レポートにまとめてプレゼントしています。今現在ではこのYouTubeマーケティングで月収50万円ー100万円を維持し続けておりノマドで世界放浪を続けています。

ファーストクラス

普通運賃
予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
F, A, P 150%

ビジネスクラス

普通運賃
予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
C, D 125%

エコノミークラス

普通運賃
予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
Y 100%
キャリアペックス運賃
予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
B, M, H, K, L 70%
割引運賃, 包括旅行運賃
予約クラス 区間基本マイレージに対する積算率
W, J, Z, Q, G, S, V, U 50%
  • ※予約クラスとは、航空券上に記載されている予約上のクラスになります。上記予約クラス以外で予約された航空券はマイル積算の対象外です。



深セン航空航空券の購入について:

深セン航空の格安航空券はスカイスキャナーでするのが1番効率が良いです。深セン航空の格安航空券をお探しなら、ぜひスカイスキャナーの検索システムをご活用ください。深セン航空の格安航空券、目的に合致した最も便利なフライト情報を簡単に見つけることができます。


改革開放政策の先駆けとして登場した深セン航空

深セン航空は中華人民共和国の航空会社。中国の改革開放政策の先駆けとして、中国で初の経済特区に1992年に設立された航空会社です。設立後は国内線のネットワークを拡充し、5年後には40都市以上に就航するまでに拡大。現在では国内線65都市のほか、国際線はクアラルンプール、ソウル、シンガポール、ジャカルタ、ホーチミン、成田、大阪、バンコクなどアジアを中心としたネットワークを有するまでに成長を遂げています。日本路線の開設は2007年。関西~福州~深セン線でスタートし、2010年からは成田~福州線も開設されています。


深セン航空が拠点とする空港から香港へ

中国の深センを拠点とし、中国国内の多数の都市、アジア内の一部都市へ就航している深セン航空がハブとしている深セン宝安国際空港は、1991年開港した空港で中国内では5番目の規模を誇っています。深セン市内まではタクシーまたはバスを利用し、1時間ほどの距離。深センは香港とも近いため、深センから香港へ移動するのにも利便性が高いと認識されています。香港へは、空港から一番便利な「福永港」というターミナルからフェリーに乗って移動するか空港内ターミナルからバスを利用、あるいはMTRを利用する手もあります。深センから香港へ行く際は出国手続き、入国手続き、荷物検査が必要となります。


深セン航空のサービス

チェックイン。。オンラインチェックインはできません。深セン航空便名の場合は深セン航空カウンター、コードシェア便では、その航空会社のカウンターにてチェックインを行います。



機内持ち込み手荷物と受託手荷物

深セン航空のビジネスクラスの無料手荷物許容量は、国際線・中国国内線ともに30kgまで。もし重量オーバーした場合には、もっとも高いエコノミークラス普通運賃の1.5%分を超過1kg毎に支払う必要があるので要注意。



搭乗クラス

深セン航空のファーストクラスの座席はイタリア製のフルフラットになる電動シートを使用。ワンタッチでベッドに変身します。シートには腰の部分にエア枕が備え付けられており、ビジネスマンから好評を博しています。


機内サービス

深セン航空は、路線に応じた機内食・スナック類のほか、宗教上あるいは身体上の都合がある乗客のための特別食も用意。また航空機に通信サービスを導入し、飛行中に機内で携帯電話での通話や電子メール、SMSメッセージの送受信が可能に。(2014年7月10日現在の情報)




深セン航空ビジネスクラス感想:


成田からアシアナ利用で仁川へ。
仁川で経由してアシアナのコードシェアで深浅航空に初めて乗りました。
1年オープンのチケットで、アシアナ予約ではコードシェア区間もエコノミー表示でしたが、予約クラスはDでした。

機材は比較的あ新しいB737-800。
ビジネスクラスは2+2の2列、8席。
しかし座席はなんだか古めかしい。。。
でもそれなりにリラックスできました。
ビジネスにはほかに1名居ましたが、どうやら航空会社職員だったらしく
事実上の貸切状態。

搭乗してすぐにウエルカムドリンクのサービス。
頼んでないのに毛布も持ってきてくれました。
フライト中も頻繁にドリンクの要望を聞いて来たり、
寝たい人にはうっとおしいかもしれないですが、サービス心が伝わりました。




機内食も1人分なのに3種類用意していたらしい。
鶏肉のトマト煮風なやつをいただきましたが、なかなかおいしかった。

深浅航空、初めてだったけどさすがスタアラに加盟しただけあってなかなか良かったです。

※更なる深セン航空をスカイスキャナーで検索していく



※世界放浪異端児トシカズが中国深センを旅行している間「YouTubeマーケティング手法」で一気に70万円儲けた話しを今だけ無料レポートにまとめてプレゼントしています。今現在ではこのYouTubeマーケティングで月収50万円ー100万円を維持し続けておりノマドで世界放浪を続けています。


深セン観光&ホテルランキングHOMEへ

PAGE TOP